女性の被害が頻発するセクハラ、路上犯罪、ストーカー、侵入盗、悪質商法から自分と家族をしっかり守る女性の防犯予防と対策

  1. 情報社会の犯罪回避
  2. 11 view

携帯電話被害から逃れる方法

携帯電話の普及にともない、社会経験が乏しい若年層を狙った携帯電話関連の詐欺行為が頻発しています。
とりわけ携帯電話に送られてきたメールに書かれたメールアドレスを一度クリックしたり、リンクボタンをクリックすると、「登録が完了しました」と言うメッセージとともに、高額な利用料金などを請求される「ワンクリック」と呼ばれる手口が問題になっています。
このような携帯電話被害にあわないためにはどうすればいいのでしょうか

携帯電話被害防止策

携帯電話をなくしたら、電話会社と警察に連絡をします

携帯電話を紛失すると、その電話を拾ったり、盗んだ人が電話をかけまくったりして、後から高額な請求書が電話会社から送られてくる場合があります。携帯電話を紛失したら、すぐに電話会社や警察に連絡すること。遠隔ロック機能をうまく使いましょう。

知らない着信記録にかけ直さない

電話をかけ直すと見知らぬ相手に電話番号を記録させてしまい、詐欺などに利用される恐れもあります。相手がアダルトサイトで、案内に従ってクレジットカード番号などを入力してしまい、後からトラブルになったりしますので注意しましょう。

単に電話をしただけでは支払い義務は発生しないことを知っておきましょう。

心当たりのないメールに返信をしない

賞金当選やプレゼント通知など色々な手口であなたに忍び寄ってきます。心当たりのないメールタイトルを見たら、メール本文をみないでで削除するかゴミ箱に入れてください。




情報社会の犯罪回避の最近記事

  1. 女性の生活を盗み聴きする盗聴犯の手口や犯人像について調べた

  2. ネット犯罪の手口から見える対策

  3. 個人情報の漏えいを未然に防ぐ

  4. クレジットカードが盗難にあわないための対策

  5. 携帯電話被害から逃れる方法

関連記事

PAGE TOP