女性の被害が頻発するセクハラ、路上犯罪、ストーカー、侵入盗、悪質商法から自分と家族をしっかり守る女性の防犯予防と対策

  1. 侵入犯から自宅を防御
  2. 12 view

空き巣の侵入を許さない建物対策

空き巣はあなたの油断を狙って侵入してきます。一戸建てに多い空き巣の原因を調べてみた結果、侵入犯を防ぐ建物対策には次のようなものがあることがわかりました。

油断大敵こそ空き巣防止の基本

モニターテレビ付きインターホンを付ける

訪問者が誰なのかが室内でわかる「モニターテレビ付きインターホン」を付けます。最近は、録画機能や顔探知機能を持つインターホンも市販されるようになりました。

センサーライトを付ける

夜間、不審な人物が玄関周辺をうろついていたり、敷地内に侵入した場合、センサーが反応しライトが点灯する「センサーライト」を取り付けます。

戸建て住宅、共同住宅の1階部分に取りつけます。

ベランダへの足がかりを置かない(一戸建て住宅)

一戸建て住宅の場合、2階の防備が手薄になりやすい。
空き巣は2階のベランダから忍び込み、カギのかかっていない戸や、窓ガラスを破って侵入することがあります。1階部分にハシゴを置いていたり、箱を積み上げたままにしておくと、足場として利用されてしまいます。
建物周辺の整理整頓を心がけましょう。

植え込み、生垣、塀で外からの見通しを悪くしない(一戸建て住宅)

繁った植え込みや外から敷地内が見えない塀などは、一見防犯に役立つように思えますが、空き巣などがいったん侵入すると外部からの目を遮断するため、かえって犯行を犯されやすい。
植え込みは定期的に手入れを行い、生垣はぴっしり植えこまないようにしましょう。塀は中が見えるタイプのものにしましょう。

オートロックを過信しない(共同住宅)

マンションには「オートロック」機能がついているタイプがありますが、住人の後について一緒に入ればカンタンに突破できてしまいます。
オートロックを過信せず、不審な人物が一緒に入ってきたら管理人に報告するなど対応をしましょう。




侵入犯から自宅を防御の最近記事

  1. 空き巣の侵入を防ぐための女性の一人住まいによる窓対策

  2. 女性の一人暮らしを快適にする防犯対策

  3. 住宅侵入犯の事例と傾向

  4. 空き巣の侵入を防ぐカギ対策

  5. 空き巣はこんな下見であなたの家を狙っている

関連記事

PAGE TOP